宮城県石巻市小竹浜における東日本大震災からの復旧・復興の様子を紹介していきます。


by 鈴木勝彦

★8日間の記録

小竹浜の方が避難所にて、地震当日3/11から3/18までの「8日間の記録」をノートに書き綴られていました。
その一部を掲載させていただきます。



▼2011年3月11日(金)
・午後2時46分大地震発生する。その後大津波発生する。
・夜、非常食品保存食(50人分)五目ごはん炊込用に熱湯入れておにぎりにして食べる。むぎ茶と一緒に。
・避難所に来た人〔名前記載〕
・避難所に泊った人〔名前記載〕
・車の中〔名前記載〕
・午後2時46分M8.8国内最大の地震発生する。宮城震度7大津波発生、栗原、築館。震度6弱石巻、14時49分気象庁大津波警報発令。
小竹浜の海~津波直前【2011/3/11】参照

▼3月12日(土)
・朝、おにぎり48人
・昼、カップラーメン、カップ焼そば、パン
・○○ちゃん、○○さん、洞源院へ避難し1泊して歩いて帰って来る。
・○○ちゃん、○○さん、蛤浜の避難所1泊して山歩いて帰って来る。
・夜、おにぎり、みそ汁、他
・頭上を自衛隊のヘリコプターが飛んで行く。私達は校庭でマフラーを棒にくくりつけて何度も振ったが、ヘリコプターは他の方に飛んで行くばかり。ダンボールに字を大きく書いて見せたが見つけてもらえなかった。残念。
・避難所に泊った人〔名前記載〕
・車〔名前記載〕
「地震翌日【2011/3/12】」参照



▼3月13日(日)
・朝、校庭に融雪剤で大きく「SOS、小竹浜、ガソリン、灯油」と書き、今度は大きい旗を何度も振る。やっとヘリコプターに見つけてもらったみたい。その後、航空写真にも「SOS」ははっきり写されていた。(インターネットで調べる)
・朝、おにぎり、卵焼、みそ汁(カップ)
・昼、カンパン、さつま揚
・○○さん、○○さん帰って来る。
・夜、ごはん3升、とん汁、おひたし
・〔名前記載〕
・東北関東大震災と発表されたが、東日本大震災と改められる。
・夜、大津波警報から津波警報に
・夜、津波警報解除
・気象庁はM8.8からM9の巨大地震と改める。
・福島第1建屋爆発して放射能漏れする。
・○○君、トラックで軽油と発電機持ってくる。
※下記はグーグル画像
b0219510_21515614.jpg


▼3月14日(火)
・朝、ごはん3升(おにぎり)、汁(カップ)、つけ物
・〔名前記載〕
・昼、ビスケット、菓子、せんべい、他
・夜、カレーライス、ラッキョウ漬、みそ汁
・自衛隊員大和偵察隊バイクで二人来る。その後、ジープで3人来る。食糧、水、ガソリン、医療の方も頼む。
・○○君、バイクで他の地域の人達の安否確認してくれた。
・避難所に寝た人
・コミニティーセンター〔名前記載〕
・体育館〔名前記載〕
・プレハブ〔名前記載〕

▼3月15日(水)
・朝ごはん、サラダ、他
・〔名前記載〕
・8時頃、ヘリコプター来たが狭くて降りれなくて、隊員一人がロープで降りて色々希望聞かれる。
※下記は3/15AM7時53分頃の画像
b0219510_1882625.jpg


▼3月16日(木)
・朝ごはん、まぐろ、ブリの刺身とあら煮
・〔名前記載〕
・初めて自衛隊より物資もらう。第6師団(福島県)。サトウのごはん(200g×5)7箱、水2リットル(6本入)6箱、毛布(10枚入)6箱、パン49ヶ
・○○君、○○さん、帰って来る。
・昼、ぜんざい
・夜、ごはん、まぐろ、ブリの刺身とあら煮
・〔名前記載〕
・堀内組、重機で道路にある屋根の残骸とりのぞく。夕方やっと道路通れる様になった。
・夜、コミニティーセンター〔名前記載〕
・体育館〔名前記載〕
・プレハブ〔名前記載〕
「道路を塞ぐ家【2011/3/16】」参照
※下記は3/16の朝食の様子
b0219510_21344965.jpg


▼3月17日(金)
・朝ごはん、刺身、さんまのつくだ煮、みそ汁
・〔名前記載〕
・今日から道路通れる様になる。
・自衛隊ホバークラフト海上来る。医療チーム来て血圧測ってもらう。
・お昼は自衛隊からもらったパン
・自衛隊来て色々希望受け付けられる。
・夕方、ごはん、みそ汁、他
・〔名前記載〕
・泊り、コミニティーセンター21人、体育館11人、プレハブ5人
※下記は3/17PM2:17頃撮影のホバークラフト
b0219510_18461617.jpg


▼3月18日(土)
・朝ごはん、タラコ、みそ汁
・昼、はっと汁(つめいり)
・第6師団災害派遣(山形県)、血圧測ってもらう。
・夜ごはん、まぐろ煮、みそ汁
※下記は3/18PM5:31頃の画像
b0219510_2144184.jpg




以上になります。

私が4/29~5/5に小竹浜へ帰った際、「8日間の記録」を綴った方にたくさんのお話しを聞かせてもらいました。

地震当日から2日目、ヘリコプターに見つけてもらえなかった時の落胆。
3日目、旧小学校の校庭に「SOS」を書く際、石灰がなかったため牡蠣の殻で書こうと試みたがうまく書けず、融雪剤を利用。
4日目、自衛隊の方々がきてくれた時の安堵。
6日目、初めて自衛隊から物資をいただく。感謝。

高齢者の多い浜での防災意識、備蓄、役割分担。
浜の人達のその強さは誇りです。



東日本大震災発生から4年が経ちました。

▼東日本大震災
発生日時:2011年3月11日午後2時46分
M9.0(震源は宮城県牡鹿半島の東南東約130kmの三陸沖)
最大震度7(宮城県栗原市)

犠牲者21,668人
・死者15,891人〔2015/3/10現在〕
・行方不明者2,584人〔2015/3/10現在〕
・震災関連死3194人〔2014/9月末現在〕

東北3県の死者
・宮城県9,539人
・岩手県4,673人
・福島県1,612人

東北3県の不明者
・宮城県1,249人
・岩手県1,129人
・福島県202人

東北3県の震災関連死
・宮城県900人
・岩手県446人
・福島県1,793人

被災3県の災害公営住宅完成戸数〔2014/12月末現在〕
・宮城県2,324戸(進捗率14.5%)
・岩手県1,016戸(進捗率17.1%)
・福島県1,203戸(進捗率15.8%)




・・・小竹浜では今回の震災で一人の方がお亡くなりになりました。
心よりご冥福をお祈りいたします。


[PR]
by katsu_man | 2011-05-23 22:10 | ■震災の記録