宮城県石巻市小竹浜における東日本大震災からの復旧・復興の様子を紹介していきます。


by 鈴木勝彦

小竹浜のお祭り【2013/4/13】

毎年4月13日は小竹浜のお祭りです。
2011年は東日本大震災の影響により開催できず、2012年は神主さんに拝んでもらうだけでした。
そして今年2013年4月13日、おかげさまで久しぶりにお祭りが開催されました。
〔情報提供:C.Sさん、Y.Sさん〕

▼浜の高台にある「日枝神社」
「山王様」として親しまれています。のぼりが設置され、神社右側の建物の中には神輿が見えます。
b0219510_14111889.jpg




▼前日(4/12)にはお祭りの準備が行われました。
境内が掃き清められました。
b0219510_1413152.jpg

b0219510_14132628.jpg

のぼりを準備しています。
b0219510_14135699.jpg

b0219510_1414680.jpg


▼お祭り当日(4/13)
年に一度のお祭りの日です。
b0219510_14272559.jpg

御祭禮ののぼりも設置されました。
b0219510_14264054.jpg


▼神社へ続く階段を登ると鳥居があります。
b0219510_14353796.jpg

鳥居を潜り右手の階段を登ると神社があります。
b0219510_14375814.jpg


▼神社内にはお供物が奉納されています。
b0219510_14491017.jpg

獅子舞も行われました。
※「獅子頭」は東日本大震災の津波により残念ながら無くなりましたが、2012年12月に日本財団ROADプロジェクト「地域伝統芸能復興基金(通称:まつり応援基金)」より、新しい「獅子頭」をいただきました。
b0219510_1451839.jpg

お神酒も振る舞われました。
b0219510_14512825.jpg


▼神社の右側の建物に格納されている神輿。
以前は毎年担がれていたのですが、過疎化と高齢化のため3年に一度となり、現在は神輿を出すことはほとんどなくなりました。神社の急な階段を神輿を担いで降りるのは、高齢者が多い浜にとってはなかなか大変です。
b0219510_14543546.jpg


▼神社がある高台から浜を見下ろす。津波により更地が広がっています。
b0219510_14553357.jpg

b0219510_1456745.jpg

▽上記比較画像(2011/5/1の画像)
津波により家屋は破壊され、瓦礫は多く残っていました。
b0219510_14565055.jpg

階段の登り口も瓦礫で塞がれていました。
b0219510_1501376.jpg


▼海に浮かぶ弁天島には「厳島神社」があります。
b0219510_1554889.jpg

神主さんに拝んでいただきました。
b0219510_1532026.jpg


「ひまわりバス待合所」の前でも獅子舞が行われました。
b0219510_159061.jpg

頭を噛んでもらっています。
b0219510_1510355.jpg

力強い舞いですね。
b0219510_15113421.jpg


▼浜では桜の花が咲いてきました。
b0219510_15135176.jpg


私が小さな頃は、浜のお祭りには屋台も出て、男達は半被を着込み神輿を担いで賑わったものです。
浜では過疎化が進み、伝統行事は簡素化されつつあります。
小竹浜のお祭りがいつまでも継続されることを祈ります。

***

【補足】
小竹浜のお祭りが4月21日の河北新報に掲載されました。
詳細はこちら

 
[PR]
by katsu_man | 2013-04-15 13:00 | □2013年4-6月:浜の様子