宮城県石巻市小竹浜における東日本大震災からの復旧・復興の様子を紹介していきます。


by スズキカツヒコ

2011年との比較と海の幸【2014/5/3-6】

2014年5月3日~6日まで小竹浜の実家へ帰省しました。
浜の様子を掲載します。

▼弁天島
海に浮かぶ弁天島を見るとなぜかほっとします。
b0219510_1724334.jpg




▼浜で遊ぶ子供達
牡鹿半島の各浜は以前より過疎化が深刻であり、東日本大震災後はさらに過疎化が進みました。
ゴールデンウィーク中、小竹浜へ帰省した子供達の笑い声が浜に響いていました。
b0219510_17312277.jpg


▽2011/5/11:日枝神社(山王様)からの眺め【過去画像】
津波により多くの家屋が被災し、神社までの通路は瓦礫のため通行できませんでした。
b0219510_18265872.jpg

b0219510_18272241.jpg
b0219510_1828766.jpg


▼2014/5/3:日枝神社(山王様)からの眺め【現在の様子】(上記比較画像)
震災から3年後、家屋はなくなり、更地が広がっています。
ここには以前「家」があり「生活」があったことを忘れないでいたいです。
b0219510_17425347.jpg

b0219510_1743162.jpg


▼日枝神社の石垣
山王様の津波被害はありませんでしたが、石垣が崩れ始めています。
b0219510_17462073.jpg

現在は土嚢を置き、土砂崩れを防いでいます。
b0219510_17483634.jpg


▼日枝神社の狛犬様
浜を見守っています。
b0219510_17495721.jpg


▼ひまわりバス待合所
1日2往復の住民バスは牡鹿半島の住民にとって大切な交通手段です。
待合所の前には自動販売機が設置されました。
バス待合所の記事はこちら
b0219510_1755253.jpg


▽2011/4/5:海を背にした浜の様子【過去画像】
津波により、言葉にならない風景がそこにありました。
b0219510_23304766.jpg

b0219510_23305671.jpg


▼2014/5/4:海を背にした浜の様子【現在の様子】(上記比較画像)
b0219510_183599.jpg


▼親類宅がある高台から浜を見下ろす。
静かな海が見渡せます。
b0219510_17561559.jpg

b0219510_17564048.jpg

b0219510_17565047.jpg


▽2011/7/18:東の山を上り、浜を見下ろす【過去画像】
津波は大きな爪痕を残していきました。
b0219510_0261830.jpg

b0219510_0262766.jpg


▼2014/5/4:東の山を上り、浜を見下ろす【現在の様子】(上記比較画像)
b0219510_18150143.jpg

b0219510_18151628.jpg


▼父の船
津波による被害をまぬがれ、今でも現役です。
b0219510_18082138.jpg


▼浜の漁師達
海辺では船をクレーンで吊っていました。ひっくり返し、船底を掃除するようです。
小竹浜の漁師で最高齢の方は今年88歳になります。ただただ頭が下がります。
b0219510_18194458.jpg


▼イカの塩辛
実家の隣家へご挨拶に行くと、イカの塩辛をいただきました。
自家製の塩辛はものすごく美味しかったです!
b0219510_18262431.jpg


▼シャコえび
5月の帰省の楽しみのひとつです。
浜の漁師からいただきました。美味い!
b0219510_18282349.jpg


故郷の海の幸は、いつも懐かしく、そしてとても美味しい。
また近いうちに家族で帰省しようと思います。





【番外編】
小竹浜の近くに「蛤浜(はまぐりはま)」という浜があります。
蛤浜には、築約100年の古民家を改装したカフェ「はまぐり堂」というお店があります。
このお店の名物は「鹿カレー」。スパイシーで美味しかったです。

▼鹿カレー
牡鹿半島の天然鹿肉「絹紅葉」というブランド鹿を使用しています。
b0219510_18365521.jpg


▼お子様セット
「おいしかった!」と姪っこも喜んでました。
b0219510_18395618.jpg

「cafe はまぐり堂」のサイトはこちら

 

[PR]
by katsu_man | 2014-06-09 16:55 | □2014年4-6月:浜の様子